新軍事ドラマ:「中隊本部」
どこにでもある(?)陸上自衛隊普通科中隊の日常を描く
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛隊法第83条:その9
駐屯地の営門をくぐる先遣隊、出動したときは見送り付きだったが、帰ってくるときは地味なものだ
(まぁ昨日出たばかりだから当然と言えば当然だな)と高機動車の助手席に座る岬2尉は思った
朝まで道の駅で待機していた先遣隊だが、結局は夜明けとともに「撤収命令」が下された
まずは情報収集、被害状況の確認が必要であり、自衛隊の普通科部隊にできることは限られているのだ
現地の情報収集には1X旅団のヘリ部隊や偵察隊が動いており、各地に立ち上がりつつある避難所には衛生科部隊が派遣されている
防衛庁側も今後の状況の推移を見守り、追加派遣を実施するか検討する段階に入っているらしい

「…というのが現在までの状況です。今後の追加派遣は現在のところ不明…」事務室で田浦3曹から説明を受ける岬2尉
「ふ~む、新聞とかある?」「今日の朝刊です」1面の見出しには大きく『N県で震度6、死者・行方不明者数十人、孤立集落多数』の文字が並ぶ
事務室に置いてあるテレビからは、最新のニュースが流れ続けている。大きな体育館に作られた避難所の映像、孤立集落の空撮映像には大きく『SOS』の文字、機体ギリギリの大きさの橋に着陸しようとしている空自のヘリの映像…
土砂崩れで埋まった住宅もあり、ここには地元の消防団と施設部隊が共同で作業にあたっている
「あの辺は山あいの村で孤立する人が多そうだな」「都市部のライフラインも寸断されているみたいで…」「雪国だからその点は丈夫に作ってるんじゃないか?」
事務室に詰める要員が口々に意見を交わす
とそんな中、事務室に3科から電話がかかってきた

「いや、まいったよ…寒いのに狭い高機動車の中で一晩中仮眠だって…寝れるワケねぇじゃん」営内班に帰った大島士長が待機している後輩に愚痴っている
「なんで待機だったんですかね?」「さぁね…なんか『行けないから』とか『現地の旅団に断られた』とか言ってたけどな」
実際は『救助部隊の需要がない、部隊が混交する』という理由なのだが、現場の隊員にはこういった噂が流れやすい
「旅団は大変みたいですね」「まぁ俺たちには関係ないさ。このまま何事もなく終わってくれたらなぁ~」
しかし大島士長の心の叫びは届かなかった

「大島、いったん当直室前に集合だってよ」当直陸曹に呼ばれて行った先には、数名の隊員と何かの名簿を手にした田浦3曹が待っていた
(あ、何かイヤな予感…)その予感は正解だった
「え~っと、ここにいる面々はN県へ向かってもらう、任務は炊事所の開設だ。明日の0600に出発する。長となるのは…」
「…orz」心の中でガックリと膝を付く大島士長だった
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
Ⅲ国峠で支援しましたよ~
2006/10/09 (月) 00:46:48 | URL | #-[ 編集]
峠や山頂といえば通信が好きな場所ですね
上の目が届かないのでけっこう好き勝手やってるような気が…
2006/10/11 (水) 20:01:18 | URL | 笑う三警補 #0ywrcfEE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新軍事ドラマ:「中隊本部」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。