新軍事ドラマ:「中隊本部」
どこにでもある(?)陸上自衛隊普通科中隊の日常を描く
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛隊法第83条:その1
~自衛隊法第83条(災害派遣)~
都道府県知事その他政令で定める者は、天災地変その他の災害に際して、人命又は財産の保護のため必要があると認める場合には、部隊等の派遣を長官又はその指定する者に要請することができる
秋の日はつるべ落とし、とはよく言ったモノ
10月も末になると、6時でももう外は真っ暗になる
とはいえ残留隊員の1小隊、大島士長には関係ない。食堂で夕食を済ませ、その足で風呂に入り、土曜日の営内待機というのんびりした時間を楽しんでいる
「洗濯もアイロンがけも終わったし…靴もピカピカ。駆け足もしたし、今日はもう寝るだけだな~」
大きな独り言を口にして、大島士長はプレステ2をロッカーから取り出した
テレビにケーブルを接続し、電源を入れる。トレーにCDを入れて、いよいよゲームの始まり…その時だった

グラリ、と足下が揺れた気がした
「?」一瞬動きを止める
「気のせいかな?」と言った次の瞬間

目眩がした、いや、床が揺れ始めた

「をぉ!地震か!?」慌てて冷蔵庫の上に乗っかっているテレビを押さえる。震度はそれほどでもないが、テレビが落ちるのは避けたい事態だ

数分後、いや、実際は数十秒程度だったかもしれないが、地震は治まり揺れが止まった
「あ~びっくりした…」ふぅ、と一息ついてソファに座り込む大島士長。そのまま手元のリモコンでテレビのチャンネルをNHKにあわせた
「震度はどれくらいだったのかな?」こういった情報はNHKが一番早いのだ

数分後、電子音が鳴りローカル番組をやっている画面の上に「地震速報」の文字が躍った
「さて、震度は…」一定の震度を超えると、無条件に呼集がかけられるのだ

<午後5時56分頃、N県南部で震度4の地震が発生、この地震による津波の心配はありません>

「お、震度4か…N県だと呼集かかるかな?」N県は駐屯地がある師団の北部にあり、同じ方面隊の1X旅団の警備担任地域なのだ
残留隊員だからひょっとしたら準備しないといけないか…と思った次の瞬間

番組に出ていた純朴そうな農夫の姿がテレビから消え、殺風景なスタジオと固い表情をしたニュースキャスターが映し出された
『たった今入った情報です。N県中部地方で震度6強の地震が発生、各地の震度です』
映し出されたN県の地図、そこは赤い丸に「6」と書かれた印にびっしりと埋め尽くされていた

「…これは…」画面を見て凍り付く大島士長『現在、N県中部のO市、N市、Y村などと連絡が取れない状況に…』淡々と話し続けるニュースキャスター
その時、生活隊舎に放送が鳴り響いた
『残留隊員、ただちに当直室前に集合!』


ランキング参加中、よかったらクリックしてくださいm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
きちんと見てますよ~
2006/09/05 (火) 07:01:15 | URL | 三島作 #-[ 編集]
まだ見てくれている人がいたとは…
感謝感激です・゜・(ノД`)・゜・。
2006/09/06 (水) 23:01:43 | URL | 笑う三警補 #0ywrcfEE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新軍事ドラマ:「中隊本部」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。