新軍事ドラマ:「中隊本部」
どこにでもある(?)陸上自衛隊普通科中隊の日常を描く
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第322話(最終話)
数日後、夏期休暇が終わり隊員たちも元気な顔を見せる
少しだけクーラーの効いた中隊長室、中隊長は先任を前に一枚の書類を見せる
[第322話(最終話)]の続きを読む
スポンサーサイト
第321話
「やはり心配はしとったのです。男ばかりの普通科に娘を入れるとなると…きっと潜水艦みたいな世界なんだろうと」手を組んで渋い顔をする赤城海将
「潜水艦とはまた…」「いや、将官でもそうそう他幕の事はわからんものです」
[第321話]の続きを読む
第320話
「おい!高いコーヒーあっただろ?」「紅茶は?いいのがありますが…」「お茶菓子は!?無かったら買って…」突然慌ただしくなる中隊本部
将官クラスとなれば営門の出入りだけでラッパが吹かれるほど、普通科中隊の隊員にとってはまさに「雲上人」だ
[第320話]の続きを読む
第319話
「ど~したんですか?」目を丸くする立哨「アホ!この人は海将や!」思わず大声を出す井上3曹
「あ~いや、そこまでしなくてもいいよ」と壮年男性…海将は言った
[第319話]の続きを読む
第318話
数日後、夏期休暇を控えた駐屯地正門。昼下がりの太陽が警衛所を容赦なく照らす
哨所の立哨が日に焼かれ溶けそうなほどの日差し、警衛所内のおんぼろクーラーがフルパワーで動いている
[第318話]の続きを読む
第317話
「ま、今考えたらけっこうきわどい命令だったかもな」副連隊長室…連隊長室に比べて若干狭い個室。連隊の隊員でも個室を持てる人は数少ない
「ええ、話を聞いた時は驚きました」話を聞くのは中隊長だ。応接用のソファーに座っている
[第317話]の続きを読む
第316話
災害派遣命令から2週間後の駐屯地、3種制服を着た連隊隊員たちが8月の太陽に照らされたグランドに整列している
壇上に上がる連隊長、そしてその横に並ぶのは第1種夏制服を着た十数名の隊員たちだ
[第316話]の続きを読む
copyright © 2005 新軍事ドラマ:「中隊本部」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。